相続登記は司法書士に依頼した方がいい

相続の問題では何かとやらなければならないことがたくさんあります。その中でも相続登記について考えているかたも多いのではないでしょうか。実際に相続登記というのは専門家に必ず依頼をしなければならない問題ではありません。自分で申請をすることも可能です。自分で行う場合は戸籍謄本など必要な書類を集めたり、登記申請書を作成する必要がありますが、方法が頭の中に入っている方は自分で全ての作業を行っても問題ないでしょう。

しかし、相続登記についてあまり知識がない方が一人で全ての作業を行うのは大変です。基本的に相続登記をする時には法務局に登記簿謄本を出さなければなりません。状況によって異なりますが、特に遠方であれば申請をしたりする作業はとても大変です。

司法書士また、申請書に間違いがあったりすると再提出をしなければならなかったり、再び申請書の作成をしたりと手間もかかります。何かと負担が大きくなるので特に遠方に住んでいたり、やり方が分からない場合は司法書士に相談をすると安心でき、お勧めです。

実際に依頼をすれば自分で申請する必要もなくなり、司法書士の人が代理で作成をしてくれます。また、万が一書類に間違いがある場合は司法書士が対応してくれるので安心です。

弁護士に相続相談をするメリットとは?

弁護士相続税の相談は税理士に依頼することができますが、その他にも弁護士に依頼することも可能です。それぞれ場面に応じて誰に相談したらいいかが異なりますが、ここでは弁護士に相談をすることで得られるメリットについて紹介します。

まず1つ目のメリットはトラブルを未然に防ぐことが可能な点です。弁護士は裁判所で争うことについても考えた上で相続についてアドバイスをもらえます。税理士や司法書士、行政書士などにも相談することはできますが、万が一トラブルが発生したときに裁判で力になってくれるかと言うとそうではありません。裁判では弁護士が必要になるので、トラブルなどの発生の可能性があるという場合は弁護士に依頼をすることでアドバイスをくれたり、事前にトラブルを防ぐことも可能です。

また2つ目は弁護士に相談をすれば相手方と直接話をする必要がなくなるのも魅力的です。特に相続をする相手が複数人存在するときにはトラブルになりやすく、裁判になることも考えられますが、この時に弁護士を挟まないと直接話をすることになるのでトラブルの悪化に繋がることがあります。しかし、弁護士に依頼をすれば弁護士が代理をしてくれ相手との交渉も直接する必要がなくなります。次ページでは、司法書士に依頼するメリットについて紹介します。

相続税の申告相談は税理士に依頼しよう

税理士相続税に関する相続相談をしたい人は税理士を選択しましょう。税理士に相談すれば相続税を節約できる可能性があります。例えば生前贈与の相談などを受けてもらうことが可能です。現在控除を受けられる生前贈与においては、上手く活用することで相続をする遺産や税金を少なくできる可能性があるので、生前贈与を活用して節約しているご家族もいます。このように相続税の対策をする時には税金に関する知識が豊富な税理士に依頼します。

また、相続財産の評価を把握する際、税理士に相続相談をします。相続する遺産が少ない方や評価が簡単に明確にできる現金や預金通帳などの遺産しか相続しない人は、財産の評価を改めてする必要がありません。しかし、財産の中には簡単に明確にできない遺産もあります。

例えば未上場の株式などが該当します。会社の経営者の中には未上場の自社の株式を所有している人もいます。もしその経営者が被相続人となった時、未上場の株式の財産評価を明確にすることは難しいでしょう。そのような遺産を相続する時には税理士に財産評価をまかせると相続をスムーズに行うことができる可能性があります。

その他にも相続をする時に事業継承をする人や相続税の申告をする際には他の専門家よりも税理士を利用した方が適切なアドバイスを得ることができます。次ページでは、弁護士に依頼するメリットについて紹介します。

相続対策に最適な相続相談相手を探そう

相続は主に被相続人の遺産を引き継ぐ際に行います。遺産はそれぞれのご家庭で異なりますが、不動産を所有しているのであれば家も相続することになります。また、被相続人が車を所有しているのであればそれも相続する遺産の一つになります。遺産相続と聞くと相続することで自身が利益を得ることができるモノを引き継ぐことをイメージする方もいますが、実は負の遺産も相続しなければなりません。例えば負の遺産は借金などを挙げることができます。

相続をする機会は生きている時に頻繁に発生する方は比較的少なく、これから相続の手続きをする方の中には初めて分割協議などを行う予定がある方も少なくありません。相続をする時は法定相続人や遺産の調査や相続税の申告まで幅広いことを行わなければならないため、初めての人はどのように法定相続人を調査すればいいのかわからない方もたくさんいます。また、申告の仕方などを知らない人も少なくないので相続についての相談をしたいと考える方もいるのではないでしょうか。

日本では相続に関する相談に応じてくれる専門家が数多く存在しています。例えば相続相談ができる専門家の一つに行政書士などが挙げられます。行政書士は車や株式の名義変更などを依頼できます。それぞれの専門家によって相続相談の内容が変化するため、あなたが抱える相続対策に対応してくれる専門家を適切に選定することで必要なアドバイスを得ることができるでしょう。今回は相続対策の最適な相談相手について紹介します。