弁護士に相続相談をするメリットとは?

弁護士相続税の相談は税理士に依頼することができますが、その他にも弁護士に依頼することも可能です。それぞれ場面に応じて誰に相談したらいいかが異なりますが、ここでは弁護士に相談をすることで得られるメリットについて紹介します。

まず1つ目のメリットはトラブルを未然に防ぐことが可能な点です。弁護士は裁判所で争うことについても考えた上で相続についてアドバイスをもらえます。税理士や司法書士、行政書士などにも相談することはできますが、万が一トラブルが発生したときに裁判で力になってくれるかと言うとそうではありません。裁判では弁護士が必要になるので、トラブルなどの発生の可能性があるという場合は弁護士に依頼をすることでアドバイスをくれたり、事前にトラブルを防ぐことも可能です。

また2つ目は弁護士に相談をすれば相手方と直接話をする必要がなくなるのも魅力的です。特に相続をする相手が複数人存在するときにはトラブルになりやすく、裁判になることも考えられますが、この時に弁護士を挟まないと直接話をすることになるのでトラブルの悪化に繋がることがあります。しかし、弁護士に依頼をすれば弁護士が代理をしてくれ相手との交渉も直接する必要がなくなります。次ページでは、司法書士に依頼するメリットについて紹介します。