相続税の申告相談は税理士に依頼しよう

税理士相続税に関する相続相談をしたい人は税理士を選択しましょう。税理士に相談すれば相続税を節約できる可能性があります。例えば生前贈与の相談などを受けてもらうことが可能です。現在控除を受けられる生前贈与においては、上手く活用することで相続をする遺産や税金を少なくできる可能性があるので、生前贈与を活用して節約しているご家族もいます。このように相続税の対策をする時には税金に関する知識が豊富な税理士に依頼します。

また、相続財産の評価を把握する際、税理士に相続相談をします。相続する遺産が少ない方や評価が簡単に明確にできる現金や預金通帳などの遺産しか相続しない人は、財産の評価を改めてする必要がありません。しかし、財産の中には簡単に明確にできない遺産もあります。

例えば未上場の株式などが該当します。会社の経営者の中には未上場の自社の株式を所有している人もいます。もしその経営者が被相続人となった時、未上場の株式の財産評価を明確にすることは難しいでしょう。そのような遺産を相続する時には税理士に財産評価をまかせると相続をスムーズに行うことができる可能性があります。

その他にも相続をする時に事業継承をする人や相続税の申告をする際には他の専門家よりも税理士を利用した方が適切なアドバイスを得ることができます。次ページでは、弁護士に依頼するメリットについて紹介します。